こんにちは!

 

ふかがわ針灸整骨院、院長の赤木です!

 

6月に入りジメジメとした空気が迫ってきました☔

 

今年の関東地方の梅雨入りは6月上旬〜との事で例年より早い梅雨入りとなるそうです。

 

さて、今日は「腱鞘炎」についてお話しようと思います💪

 

 

腱鞘炎」と聞くと、「手指や手首の痛み」と何となく認識している方が殆どでしょう。

 

 

腱鞘炎とは筋肉の始まりと終わりの両端の部分です。筋肉は骨に付着する際にその組織を変え

 

となります。

 

そのの周りを包んでいるのが腱鞘と言う鞘(さや)です。

 

構造を分かり易く、お寿司のカッパ巻きで説明すると・・・

 

キュウリが・・・シャリが腱鞘・・・の構造です(^^;;

 

指や手首を動かすとキュウリ()が前後に動き、シャリ(腱鞘)との間で摩擦が起きて炎症が起

きるのです😥

 

悪化してしまうとバネ指弾発指と言い、指の曲げ伸ばしの際に「カックン!」と引っ掛かる現

 

象が出現します(>_<)

 

40〜60歳の女性に多く、親指中指薬指がなりやすいです。

 

原因として手指・手首の使い過ぎが挙げられますが、女性ホルモンとの因果関係もあり

 

閉経前後や出産直後の女性が罹患し易いです。

 

我々整骨院では電気・超音波などの治療器で炎症を鎮め治癒をはかります。また、場合によっては

 

動かさぬよう固定を行い患部の安静により炎症を鎮めます。

 

痛みを放置すると治りにくくなり治療期間も倍増するので、気になる症状がございましたら我々に

 

一声お掛けください!では今月も宜しくお願いします!!

 

 

江東区を元気にする

ふかがわ針灸整骨院

門前仲町駅徒歩6分 清澄白河駅徒歩8分

首・肩・腰・股・膝・足・・・

痛み怪我のエキスパートです!